時代

(画像は全てクリックされると拡大されます) そんな時代もあったねと いつか話せる日が来るわ あんな時代もあったねと きっと笑って話せるわ だから今日はくよくよしないで 今日の風に吹かれましょう …
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

謹賀新年

新年明けましておめでとうございます! さぁ、、年が明けました 今年は、、どんな出逢いが待っているのでしょうか? 出逢いは、、本当に不思議 私と皆様との出逢いも、、一瞬の偶然が重なって出逢いましたでしょ? そんな出逢いを大切に出来るか、、、出来ないか、、で、、 その人その人のこれからの人生が…
トラックバック:0
コメント:1

続きを読むread more

生まれて来た理由

お久しぶりです 日々の日記は、このリンク欄にある掲示板の方に投稿ばかりしていて 四ヶ月に渡り、また放置状態になっていたこのブログ(笑) 今日、久しぶりに立ち上げてみます 前回から今までの写真も相当数溜まってしまって、 春から夏にかけての愛犬ネオンをリュックに詰め込んで 自転車に乗って色…
トラックバック:0
コメント:6

続きを読むread more

桜の面影

「恩送り」 “恩送り”というのは誰かから受けた恩を 直接その人に返すのではなく 別の人に送る その送られた人がさらに別の人に渡す そうして 「恩」が世の中をぐるぐる回っていく そういうものなのですね -井上ひさし- …
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

やまのあなたのそらとおく

南港ETC 山のあなたの空遠く 「幸」(さいはひ)住むと人のいふ。 噫(ああ)、われひとゝ尋(と)めゆきて、 涙さしぐみ、かへりきぬ。 山のあなたになほ遠く 「幸」(さいはひ)住むと人のいふ。 ( 「山のあなた」 : カール・ブッセ 上田敏訳 ) 南港シーサイド…
トラックバック:0
コメント:2

続きを読むread more

謹賀新年

新年明けまして おめでとうございます 皆様にとって、、 今年一年が輝かしい日々が続きますようにと お祈り致します (画像は全てクリックで拡大されます) 本当にお久しぶりです このブログ、、、 一年以上のお休みを頂いていました …
トラックバック:0
コメント:1

続きを読むread more

あどけない風の話

智恵子は東京に空が無いといふ、 ほんとの空が見たいといふ。 私は驚いて空を見る。 桜若葉の間に在るのは、 切つても切れない むかしなじみのきれいな空だ。 どんよりけむる地平のぼかしは うすもも色の朝のしめりだ。 智恵子は遠くを見ながら言ふ。 阿多多羅山の山の上に …
トラックバック:0
コメント:2

続きを読むread more

戦友のこと…

君にならびて野に立てば 風きららかに吹ききたり 柏ばやしをとどろかし 枯れ葉を雪にまろばしぬ 宮沢賢治(雨ニモマケズ手帳に記載されていた詩の一節より) (画像は全てクリックすると拡大されます)      {%風鈴hdeco%…
トラックバック:0
コメント:2

続きを読むread more

南河内の風

河内の山々に向かって 大好きな山の頂きに愛犬ネオンと立つ 麓から共に駆け上がって来た 風… 私の耳元で優しく囁く 「あの頃は輝いていたね」 って… 遠くで、夕陽のスポットライトが そんな山々を   美しく過去を蘇らせるかのように照ら…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

春よ恋♪

オジロビタキ・菜の花 ♪春よ恋 早く恋 走り始めた 風ちゃんが 赤い自転車またがって おんもへ出たいと 待っている♪ オジロビタキ (画像は全てクリックすると二段階に拡大されます) 上記は、春を待ちわびての私の心境 はぁ…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

風の記録

念ずれば 花ひらく   苦しいとき 母がいつも口にしていた このことばを わたしもいつのころからか となえるようになった そうしてそのたび わたしの花がふしぎと ひとつひとつ ひらいていった …
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

いつもネオンと風の中

台風の暴風に向かって立つネオン(笑) 涼しい風をあなたに アハハ 暑い暑い夏 それが夏 当たり前 涼しい風をあなたに 涼しいどころか暴風の風 ネオンが風に向かって立ち向かう その姿を見て、、、滑稽でもあり また頼もしくもありました 暑中お見舞い申し上げます …
トラックバック:0
コメント:4

続きを読むread more

風が教えてくれたもの

ハート雲 みんな何かに縛られて生きている 家族であったり 会社であったり 仲間であったり 愛する人であったり (画像は全てクリックすると二段階に拡大されます) 時々 それが苦しいと感じて 逃げ出したくなる? …
トラックバック:0
コメント:2

続きを読むread more

亜麻色の風

いいことは おかげさま わるいことは 身から 出たさび                〔『生きていてよかった』、相田みつを角川書店〕より 頷いた… 今までの長~い人生の中の 自分を振り返ると 良い事があると自分が頑張ったか…
トラックバック:1
コメント:6

続きを読むread more

絆の風 束ねて

あなたの中の 素直な気持ち 大切にしませんか? 無数に広がる細い糸 どこかで繋がる細い糸 絡み合いながら太い糸 絆 勇気を持って 大切な人へ届けてみませんか? (画像は全てクリックすると二段階に拡大されま…
トラックバック:0
コメント:2

続きを読むread more